ページ上部へ
トップページに戻る
アクティビティ
お問い合わせ
Facebook
日本最古のワイナリー(山梨県甲州市勝沼町)まるき葡萄酒とは? 料理|公式サイト|山梨甲州 天然温泉露天風呂付の離れ 別邸 坐忘 まるき葡萄酒
  • まるき葡萄酒
  • 朝食
  • 本館 季節の懐石料理
  • 別邸 離れ 茶料理 懐石まる喜

日本最古のワイナリー(山梨県甲州市勝沼町)まるき葡萄酒とは?

日本最古のワイナリー(山梨県甲州市勝沼町)まるき葡萄酒とは?

まるき葡萄酒の歴史

1877年(明治10年)、当時青年だった土屋龍憲と高野正誠は、日本人として初めてワイン醸造技術習得のためにフランスに渡りました。帰国後、本場の技術が導入された醸造所を引き継ぎ、土屋龍憲の手によって1891年(明治24年)「マルキ葡萄酒」が設立されました。これが現存する日本最古のワイナリーまるき葡萄酒株式会社です。

日本最古のワイナリー(山梨県甲州市勝沼町)まるき葡萄酒の歴史
現存する、日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」のワイン。

現存する、日本最古のワイナリー
「まるき葡萄酒」のワイン。

雄大な自然に恵まれた山梨県甲州市。良質で豊富な地下水脈が育んだ扇状地は日本有数の果物産地として「果実の郷」と称されます。まるきのワインの原料である葡萄は、その中でも名の知れた多くの清流に恵まれた勝沼で育まれています。勝沼の雄大な自然をボトルに詰め込んだ、まるきワインと日本料理のマリアージュをお楽しみ下さい。
まるき葡萄酒 清川浩志

羊と造るワイン

まるきの畑には羊がいます。この羊たち、ただのマスコット的存在ではありません。まるきの一員となるために遠路はるばるやってきた彼ら。マスコットとしても愛されていますが、実は「サスティナビリティ」を担う重要なメンバーでもあります。
まるきの思想の大きな柱の一つ「サスティナビリティ」。
近代では農薬に頼らず、動植物や微生物をオーガニックな形で積極的に取り入れ、最小限の農薬で強く健康な作物を得ようという流れが出来つつあります。その手法の一つが「不耕起草生栽培」そしてその根底にある思想「サスティナビリティ」です。この近代的手法の最大のメリットは、より環境に優しく自然を破壊しないということ。ワイナリーが一番はじめに考える事はもちろん美味しいワイン、そして原料になる良い葡萄を造ることですが、自然とも密接に関わる上で環境への配慮や貢献は美味しいワイン、良い葡萄を作る上で、今も昔も忘れてはならない事柄なのです。

まるき葡萄酒(山梨県甲州市勝沼町 ) 羊と造るワイン
まるき葡萄酒(山梨県甲州市勝沼町 ) 羊と造るワイン

ワイン造りを通して、美しい自然、美味しいワインを守るための取組みが、畑ではたらく羊達に繋がっているのです。羊達は畑を自由に歩き回り、目についた雑草を食べながら地表を掘り起こし、そして畑の中で糞を落としていきます。他にも葡萄の葉や付きすぎた葡萄の房を地面に落としておけば羊達は餌にします。そして出す糞はとても健康的な肥料となります。これら羊の行動がすべて畑にとってプラスとなっていくのです。社員たちに可愛がられながら、美しい自然と美味しいワインの為、今日もまるきの羊達はのびのびと畑をパトロールしています。

まるき葡萄酒株式会社

〒409-1313  山梨県甲州市勝沼町下岩崎2488
フリーダイヤル:0120-84-2488
TEL:0553-44-1005 /  FAX:0553-44-0650

まるき葡萄酒




まるき葡萄酒
フォトギャラリー
ブログ


ホテル・ラ・レゾン
足摺テルメ
うちなーファーム